何が学べるの?(講座情報)

ハルカス気象大学シリーズvol2

ハルカス大学×天博×大阪管区気象台

「民間気象会社って何?
民間による気象データやサービス提供の未来」

開催日 : 2017/11/12(日)
時間 : 14:00~15:30
会場 : あべのハルカス23階セミナールーム
定員 : 60名
講 師 : 佐藤 拓也(さとう たくや)氏
YuMake合同会社 代表 
受講料 : 無料
予約 : 要予約・先着順
備考 :
申込受付中

申込方法

この講座は予約先着順にて受け付けいたします。「この講座に申し込む」ボタンをクリックしてWEBフォームよりお申し込みください。

申込方法

お電話での予約にて受け付けいたします。右記連絡先までご連絡ください。

TEL : 06-6622-4815
< ハルカス大学運営事務局 >
10:00〜18:00

【講座概要】
様々に提供される「気象データ」まだまだ、利活用されていない現状があります。

気象データを知り、多くの方が、それぞれの場面での利活用を考えれば、きっと生活がもっと豊かになるはず、、、

【対象】 学生、社会人、「自分の仕事に天気や天候が関係しているかな?」とご興味をお持ちの方

◯ハルカス気象大学、開講!
日本・台湾・韓国・タイの4ヶ国で行われたAsia Open Data Hackathon。
各国のテーマ毎に、オープンデータを活用しながら課題解決のアプリやサービスを作成し、優秀作品を競うもので、日本では気象をテーマに行われました。
大阪会場はあべのハルカスのハルカス大学で行われ、あべのハルカスで観測されている気象データも活用されました。 ハルカスの気象データ活用の流れをますます活発にすべく、「ハルカス気象大学」を開講します。

気象の先進事例や活用の取り組みを学んで、みんなで気象に関する知識を高めようと活動しているコミュニティ「天博(てんぱく)」と協力して開催し、
ハルカスを中心に、気象に興味のある幅広い方々と協力して、気象データの活用を進めていきます。

連続の講座の最後には「ハルカス気象台」を立ち上げることを目的とし、 コミュニティで継続した取り組みにしていくことを目標にします。

◯主催
ハルカス大学( http://harudai.jp/
天博 -Tenpaku-( https://tenpaku.doorkeeper.jp/
○後援
大阪管区気象台( http://www.jma-net.go.jp/osaka/

【今後の日程】
Vol3 2017/12/3 担当 気象予報士 浅香 のぶこ 氏「気象台やテレビだけじゃない!気象予報士の活躍の場を広げるために(仮)」
Vol4 2018/1/28 詳細調整中
Vol5 2018/2/25「ハルカス気象台をつくろう!〜日本で唯一の民間気象台のミッションをみんなで考えるワークショップ〜」

担当講師

佐藤拓也(さとうたくや)

佐藤拓也(さとうたくや)

YuMake合同会社 代表 

一覧へ戻る

ページの先頭へ