何が学べるの?(講座情報)

大英博物館 国際共同プロジェクト

北斎-富士を超えて-
ギャラリートーク

開催日 : 2017/10/22(日)
時間 : 9:00~10:00
会場 : あべのハルカス美術館
定員 : 30名【満員のため受付終了】
受講料 : 1,300円 ※入館料として。当日は再入場可(1回限り)
(通常は一般1,500円)
予約 : 要予約・先着順
備考 :

《雪中虎図》嘉永2年(1849)_個人

満員のため受付終了

【展覧会概要】
稀代の浮世絵師、北斎。
ゴッホやモネに影響を与え、「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」は「The Great Wave」として世界で最も知られる作品の一つです。 新パスポートに「富嶽三十六景」が採用され、今、北斎は日本を象徴する存在になりつつあります。 本展では、肉筆画を中心に還暦以降の30年に焦点を当て、90歳まで描き続けた北斎が追い求めた世界に迫ります。

担当講師

藤村 忠範

藤村 忠範
あべのハルカス美術館 主任学芸員

学習院大学文学部哲学科を卒業後、東洋古美術専門の美術商、株式会社繭山龍泉堂に10年間勤務し、中国、朝鮮、日本の陶磁器、絵画等を扱う。平成10年から24年までは、山口県立萩美術館・浦上記念館に浮世絵担当の学芸員として勤務。平成24年に近畿日本鉄道株式会社に転職。あべのハルカス美術館の開設準備にあたり、平成26年3月開館を迎えた。現職は主任学芸員。専門は日本近世絵画史。

一覧へ戻る

ページの先頭へ